ローズヒル東八幡の完成予想図。

つちや社会福祉会は、昭和49年、今から43年前に創設されました。はじめは、戦後の高度成長期に様々な社会的問題を抱えた高齢者が安心して暮らせるように…との思いから軽費老人ホーム「つちやホーム」を開設。その後平成4年に、市内では初めての重度認知症フロアーを有した特別養護老人ホーム「ローズヒル」を、翌年にはデイサービスや地域の相談窓口となる「ローズヒルケアセンター」が開設され、地域に根付いたサービスの提供を行ってきました。

平成24年、当法人は創立40周年を迎えました。これを機に、地域の実情に応じた新たなサービス展開を模索していたところ、平成26年に平塚市の計画に採択され、開設に向けて進み始めました。

沢山の必要書類や計画書の整備、資金計画、市や県との折衝を経て、平成28年10月平塚市東八幡の地に着工し、現在も今年の10月開設を目指し工事は続いています。

長くなってしまいましたが、ここまでの工事の様子をアップします。

平成28年8月31日 地鎮祭をとり行いました。

前取神社にご協力いただきました。

水島理事長による鍬入れ。

着工時の建設用地。

入札の結果、施行は三井ホームさんに決まりました。

まぎれもない木造です。

RC構造のヒンヤリ感とは違い、木造は暖かみを感じますね。

平成29年2月 約4か月で3階まで建て進んでいます。

外から見ても明らかに鉄筋コンクリートの作りとは違う、大きな木造住宅といった感じ。まさに、「家」の雰囲気が感じられて、完成が楽しみです!

 

(つづく)