あっという7月に入り、いよいよ開設まで3か月!準備作業も大詰めを迎えております(^_^;)

建物の工事は6月でほぼほぼ完了し、予定では8月引き渡しとなります。

それに合わせ、介護ベッドや家具などといった備品の入札や搬入計画作成、

並行してマニュアル作りやご利用者の受け入れ準備、職員の研修計画などなど・・・

とにかく慌ただしく準備は進められています!

 

そんな中、ローズヒル東八幡の主要メンバーを招集し、第1回目のユニットケア準備会議が

開催されました!

理事長、施設長をはじめ、生活相談員、介護職、看護職、ケアマネージャー、管理栄養士、

事務員などの各職種が改めて顔合わせを行い、

現在までの準備状況の共有やこれからのスケジュール、役割分担、課題の確認などが

行われました。

 

 

冒頭に水島施設長よりローズヒル東八幡の運営方針について発表がありました。

 

ローズヒル東八幡のこだわりは、ご家庭の延長線上の生活であるということ。

建物も木造の良さを生かした、施設というよりも『大きな家』のイメージです。

様々な理由で住み慣れた家を離れても、その人らしいペースで生活を続けることができる。

いいか悪いかは別として、日課を決めてそれに沿ったケアを行うのではなく

○○さんの一日の生活のペースにこちらが合わせて必要なお手伝いをする。

これは、従来型の特養ではなかなか難しいのかもしれない…

でも、ユニットケアならばできる。

 

すべてはこの方針に沿って、マニュアルを作り、24時間シートを活用し、

ケアプランを立て、各職種が力を合わせてご利用者の生活を支えていく。

 

まずはこの方針を共有したうえで、10月最高のオープンを迎えられるように。。

東八幡のスタッフも、土屋のスタッフも、とにかく皆で力を合わせて

あと3ヶ月、前向きにがんばっていきたいと思います!